2010年03月31日

「総合学科」約20%の教員が否定的 現役高校教諭が調査(産経新聞)

 文部科学省が平成6年に、一部の高校で導入した普通学科と専門学科を合わせた「総合学科」について、総合学科を設置する高校の教員の20%近くが教育的効果について否定的であることがわかった。同学科の課題を独自調査した高校教師で京都大学大学院教育学研究科の小木充研究生が30日、発表した。

 昨年8月から約1年間、全国の総合学科高校計334校に聞き取りやアンケート調査を実施した。

 計559人の教員に対するアンケート調査では、約20%が同学科の教育的効果について「否定的」と回答。理由として「楽な選択科目を生徒がとる傾向がある」や「専門的な知識をもった教員が不足している」などが上がったという。

 さらに、うち16校への聞き取り調査で、進学校では受験に必要な科目を優先させたい保護者の要望から、選択科目数が少ないことが明らかに。8科目しかないケースもあり、小木研究生は「それだけの選択科目だと、普通学科と教育内容はほぼ変わらない」と指摘。文科省が総合学科導入に必要な選択科目数を決めていないことを挙げ「見直してほしい」としている。

【関連記事】
品質プロ並み、授業でワイン造り 長野県立高
大阪府立高無償化へ差額を府負担に 橋下知事
携帯メールで“出店案”授業 大阪の高校
国歌斉唱不起立で教諭4人を懲戒処分 大阪府教委
小学教科書検定 伝統文化尊重、ページ数増で「ゆとり」決別
あれから、15年 地下鉄サリン事件

新年度予算案、参院委で可決…今夕成立へ(読売新聞)
28県議会…外国人参政権反対、大阪市会も意見書提案へ(産経新聞)
【写眼】薬師洋行「夢は続く」(2010年)(産経新聞)
全身の動きと触覚を同時計測=世界初、衣類型の装置開発−東大(時事通信)
しばたはつみさん 死去57歳、歌手 「合鍵」などヒット(毎日新聞)
posted by キトウ カズアキ at 16:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。